東日本レジ横しおり捜索隊・日報

アクセスカウンタ

zoom RSS 豊橋で見つけた美術展の割引券しおり

<<   作成日時 : 2017/09/07 22:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

電通の事件以来、勤める会社の労務管理が厳しくなり、できれば夏休みを1週間取れと、昔では想像できなかった御触れがでた。
1週間休めるのはありがたいが、遊ぶ金も・・・という話はさておき、子どもも10代後半になり家族旅行というのもスケジュールが合わない、ならば青春18きっぷを使いここ数年行きたかったところに1人旅を決行することになった。
今回の旅の目的は・・・
・琵琶湖の竹生島、京都郊外の石清水八幡宮を中心に名勝・旧跡(いわゆるパワースポット)巡り
・琵琶湖に行くなら湖西線で湖畔の景色を堪能
・奈良・東大寺の仏像の拝顔
・そして、京阪と中京の書店を襲撃し、レジ横しおりの収集
という、真夏のクソ暑い時期に予定を詰め込んだ3泊4日(そして往復は各駅停車)というマゾ企画なのである。

早速、地元から始発電車に乗り、まずは東海道線で名古屋を目指すが、さすがに静岡県を過ぎると乗り継ぎ乗り継ぎは飽きた。丁度、豊橋で地元資本の書店が何軒かありそうなので名古屋行き快速を1本見送り途中下車し、美術展の割引券しおりを入手できた。
画像


8月22日、豊橋・豊川堂カルミア店で入手
<N0.2017408>
長沢芦雪展割引券のしおり
愛知県美術館開館25周年記念で開催される江戸時代絵師・長沢芦雪の美術展割引券しおり。
10月6日から11月19日まで愛知県美術館で開催、しおりの画は「虎図襖」。
しおりとしてはビミョウな大きさで裏面は白紙。

<N0.2017409>
ランス美術館展割引券のしおり
こちらは東京での開催に引き続き、名古屋市美術館で10月7日から12月3日まで開催されるランス美術館展割引券のしおり。
しおりの画はジャック・ルイ・ダヴィット<マラーの死>。
こちらもしおりとしてはビミョウな大きさで裏面は白紙。

<N0.2017410>
「バブルの塔」というお約束の展開ではなく・・・
ブリューゲル「バベルの塔」展割引券のしおり
東京での開催時と同じデザインだが、コピーが「一生に一度は見たい名画、ついに大阪へ」に変わっている。
7月18日から10月15日まで大阪・中之島の国立国際美術館で開催。
裏面は東京と同じく小学館の美術書の広告。

豊橋では積文館書店という地元系の中堅書店もレジ横しおりに期待したが、聖書協会とマスカレード・ナイトのしおりのみ、お盆明けという時期が悪かったのだろう。

旅はつづく。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
豊橋で見つけた美術展の割引券しおり 東日本レジ横しおり捜索隊・日報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる