日本推理作家協会60周年

画像8月13日(月)
 お盆ウィークに突入、通勤は西葛西まで全ての区間で座って行ける。終日会社で18:00に退社。夕方から暑さもひと段落したので中葛西のBookOffをチェック、収穫はなし。ついでに葛西まで歩き今度は葛西のBookOff、105円の本とオリジナルしおりを入手。帰りも空いた電車、西船橋でタルトケーキを買い20:00に帰宅。夕食は肉野菜の炒め煮、冷奴など酒は抜く。TVを見ながら読書、ケーキとアイスティーがデザート。23:00に就寝。
読了本:合衆国爆砕テロ
 アルカイーダの手先となり米大統領暗殺を試みる米国人テロリストとそれを追う元上官のCIAエージェントというよくあるストーリー、おまけにCIAエージェントの主人公は「ライアン」というお名前、まるでトム・クランシーのパクリ。物語も盛りあがりに欠け、途中でなんとなく結末が判ってしまった。それでも最後の100頁は一気に読んでしまい、もう発売されている続編に興味がある自分がいる。結局面白かったということか?


<しおりデータ(#2007360~63)>
8月12日、東武伊勢崎線せんげん台駅前・博文堂書店で入手
日本推理作家協会60周年
北方謙三、逢坂剛、大沢在昌、阿刀田高の4種

日本推理作家協会60周年と講談社のコラボレーション、偉いぞ偉いぞ講談社!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント