古書店で見つけたしおりシリーズ・東京堂書店と静岡谷島屋

画像<N0.2011305~308>
5月13日、町田・高原書店で入手

まずは、神保町の老舗、東京堂書店。
画面左から、

画:村上明
・・・バックの赤が強烈!電話番号が9桁なので1990年以前のもの
画:福田雅彦 
・・・こちらは電話番号が10桁で、かつ青葉台店が記載されているが、現在青葉台に店はなし。
「春の小川」 影絵/かかし座
・・・電話番号が9桁なので1990年以前のもの

最近はなかなかオリジナルしおりは更新されないが、過去にはいろいろなしおりを配布していたよう。



画像つづいて、静岡谷島屋書店。
静岡県を中心に店舗展開している書店でギリシャ神話の神々の版画をしおりとしている。
今回のしおりは「でぃおにゅそす」
(おぉ!”豊穣とブドウ酒と酩酊の神”だそう!)
千葉県に居住する私だが、なぜだか静岡谷島屋はたくさん持っている。
「でぃおにゅそす」も何種はもっているが、下地がこちらの色は初!
静岡に行った際は訪れてみたい書店。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント