「ことばをたいせつに。」集英社文庫35周年のしおり

久々の大作!豪華8枚組。

画像<N0.2012030~37>
集英社文庫35周年
「ことばをたいせつに。」
画面左上から
1月20日、JR西船橋駅構内・BookExpressで入手
「本を読む顔が好きだと言われた。」
・・・あぁ妙齢の女性に言われてみたい・・・
「やさしいには、強いって意味をある。」
・・・そうそう、上辺だけのやさしさが最近、多い。
「本の虫は、きっとかわいい。」
・・・”本の虫”は光文社文庫の専売と思っていた。
1月23日、JR西船橋駅構内・BookExpressで入手
「終わりは、始まりなのだ」
・・・野○政権も終わりの始まり?

下段、左から
1月22日、印西・宮脇書店で入手
「好きって言ったら、好きになった」
・・・あぁ妙齢の女性に言われてみたい・・・
「優しいって、ひらがなにすると、やさしくなる」
・・・一文字間違えるとや○しくなる。
1月23日、南千住・熊沢書店で入手
「何も言わないも、言葉なんだ。」
・・・やっぱり男は無口が一番。
1月23日、南千住・熊沢書店で入手
「ぎゅっとなるところが、こころ」
・・・ごめんなさい。素晴らしい”ことば”に私の下俗なコメントを入れてしまい・・・

最近、夏のフェア以外がパッとしなかった集英社文庫が、35周年を記念して素晴らしいしおりを配布してくれた。
片面はイラストと”ことば”が8種、もう片面は「ことばをたいせつに。」だが、それぞれ背景の文様がことなる。
画像


麦穂のしおりから35年、おめでとうございます。
そして素敵なしおりをありがとう!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント