「被害者の声」のしおり

画像京都駅の南口から広い中央連絡通路を通り北口へ、駅ビルがデラックスな雰囲気になっていた。階段を下りて地下街に出る。三省堂書店を探したが見つからず。地下鉄の駅まで移動して熊沢書店を発見、こちらのしおりを入手した。

<N0.2013760~762>
11月19日、京都駅地下街ポルタ・熊沢書店で入手
「被害者の声」のしおり
 全国被害者支援ネットワーク

”犯罪の被害によって理不尽に一方的に傷つけられ、大切な命、身体や財産を奪われた被害者の方々の声、置かれている状況を少しでも多くの方に知っていただきたい。そんな思いからこのしおりは作られている”そう。
TVの報道番組でセンセーショナルに犯罪の報道はされているが、あっという間に次の話題に切り替わってしまう。ただこちらのしおりの記載通り、犯罪には必ず被害者が居て、深い傷を負っていることを忘れてはならない。
全国被害者支援ネットワークは犯罪の被害に遭われた方々に支援活動を行っている。詳細はこちら

「被害者の声」のしおりは2012年2011年と毎年、秋から冬にかけて配布されているのだろうか?今回分は東京の書店では見かけない。

次回は京都編の最終回。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント