「ルーヴル美術館展」と「マグリット展」の割引券しおり

画像<N0.2015056>
2月20日、八重洲・八重洲ブックセンターで入手
「ルーヴル美術館展」と「マグリット展」の割引券しおり

共に東京・六本木の国立新美術館で開催される美術展の割引券しおりで、両A面になっている。
片や、
「ルーヴル美術館展」は2月21日から6月1日まで開催。
しおりの画は、フェルメールの「天文学者」(部分)。
もう一面は,
「マグリット展」は3月25日から6月29日まで開催。
13年ぶりの大回顧展だそう。
しおりの画は「空の鳥」。

両面共に割引券になっていると、両方の展示を見たい場合、割引にならないのでは?と思ったら、割引券の”もぎり”の部分が「ルーヴル美術館展」は下、「マグリット展」は上のなっているので1枚で2回楽しめるようになっている。

それぞれ、一般、大学生、高校生が100円つづ入場料が割引になる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント