テーマ別索引【美術展】【映画・演劇】【テレビ】【音楽】

◆美術展・博物展の栞
  ◆美術展(2018年6月大幅変更)
   レジ横しおりの”華”といえば美術展の割引券しおりで当ブログでも記事とアクセス数で最大数を誇る。
   その分、掲載したしおりも件数が多いので探し難いのも事実。
   いままでは「美術展」と一括りにしていたが、テーマ別検索を次のように分類し画像から捜し易くしてみた。
   なお、西洋美術/日本美術/現代美術などの分類は管理人の個人的感覚で決めたもの。
   また、テーマ別検索で画像が表示されるのは50件までなのでそれを超える場合は(2)(3)・・・とする。

   ○西洋美術展(~2020) :2016年~2020年までに開催された西洋美術展
   ●西洋美術展(~2015) :2011年~2015年までに開催された西洋美術展
   ●西洋美術展(~2015)(2)
   ●西洋美術展(~2010) :当ブログ開設~2010年までに開催された西洋美術展
   ○西洋美術展(旧作)   :当ブログ開設以前に開催された(主に古書店で入手した)西洋美術展

   ○日本美術展(~2020) :2016年~2020年までに開催された日本美術展
   ●日本美術展(~2015) :2011年~2015年までに開催された日本美術展
   ●日本美術展(~2015)(2)
   ●日本美術展(~2010) :当ブログ開設~2010年までに開催された日本美術展

   ○現代美術展(~2020) :2016年~2020年までに開催された現代美術展
   ●現代美術展(~2015) :2011年~2015年までに開催された現代美術展
   ●現代美術展(~2010) :当ブログ開設~2010年までに開催された現代美術展

   ○アジア・アフリカ美術展 :アジア・アフリカ地域の美術品をテーマとした美術展

   ○美術館  :美術館のショップ販売品や入場券など
   ○文学展  :文学作品をテーマとした作品展、美術展
   ○マンガ展 :マンガ原画展や作品展
   ○写真映像展:写真や映画などをテーマとした作品展、美術展
   ○絵本展  :絵本作品をテーマとした作品展、美術展
   ○美術展  :管理人の優柔不断な性格により上記以外で分類できなかった/分類中のしおり
  
 ○博物展
  美術展の栞の開催は美術館、博物展の栞の開催は博物館、という感じで分類。美術展のしおりに比べて
  圧倒的に種類が少ない。
  
 ●DUE
  2001年頃からアドカードという会社が都内の中堅書店を中心に美術展を中心とした割引券しおりを配布し
  た。その名は「DUE」。デザインの  クオリティが高くお洒落で遊び心が満載な栞。真骨頂は2011年の春、
  大震災後に配布された「役者は揃った・写楽展」の全28種。暗くなりかけた気持ちをこの栞で何度も勇気
  づけられた(ちょっと褒めすぎか?)。残念なことに2013年のNo224「三谷幸喜 映画の世界観展」で一旦
  その歴史を閉じてしまった。

 ○RiseCard
  DUEのしおりが配布されなくなって思いっきり落ち込んだが、2014年春にRiseCardとして復活!DUEの
  お洒落で遊び心が満載な遺伝子はしっかりと引き継がれている。
  
◆映画・演劇のしおり
 やはり原作本との関係で最近は圧倒的に邦画のしおりも数が多い。割引券や原作本とのコラボ、リバイバル
 作品の広告や映画雑誌の広告など大量掲載中。分類方法を考えなくては・・・。その混乱に拍車をかけてい
 るが演劇関連のしおり。演劇からミュージカル、演奏会まで、こちらも一定数量が存在。演劇は近々別に分類
 するつもり。
 
◆TV関連のしおり
 ●ドラマW
  WOWOWで日曜日の夜に放送されているドラマWのしおり。6週間程度のシリーズドラマでシリーズ毎に
  しおりが一部書店で配布されていたが、残念なことに現在は配布されていない。
  
 ○テレビ
  ドラマを中心にテレビ番組の広告しおりなどを紹介。
  
◆音楽系
 音楽関連のしおりを集めてみたが、一部音楽会関連のしおりは映画・演劇やDUEを重複している。なお、
 DiskUnionで配布された、ミュージックマガジンなどのしおりはこちらを参照。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント