「名古屋城本丸御殿障壁画」のしおり

豊橋から快速電車に乗り約1時間で名古屋到着、まったくストレスを感じさせない座席と早さ。
駅のホームできしめん(今回は冷やしかき揚げ)を食べるのが、これは列車で名古屋に到着した際の儀式。
地下鉄の1日乗車券を買い名古屋城へ。
鉄筋コンクリの天守閣は興味がないが、再建中の本丸御殿には行きたかったので、地獄の暑さの城内を歩き御殿を見学、金を主体とした障壁画がキラキラと目に眩しいがイイものを見せて貰いましたぜ!
興味がないと言ってはみたが、やはり天守閣に登ってしまいクールダウンも兼ねてよった本丸御殿ミュージアムショップで見つけたのが今回のしおり。

画像
<N0.2017411~413>
8月22日、名古屋城・本丸御殿ミュージアムショップで購入
「名古屋城本丸御殿障壁画」のしおり

しおりは復元された本丸御殿障壁画をベースに次の3種類、
・桜花雉子図/表書院一之間
・竹林豹虎図/玄関一之間
・琴棋書画図/上洛殿二之間
オリジナルの障壁画も戦災に遭わず現存、重要文化財だそう。
これで150円はお買い得!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント