古書店で見つけた「遠藤周作文庫」のしおり

画像<N0.2018205>
3月15日、神田神保町・小宮山書店で入手
「遠藤周作文庫」のしおり

神保町でついつい覗いてしまうのが小宮山書店の100均ワゴン。今回は昭和50年代頃に配刊された「遠藤周作文庫」がそれなりの数、出ていた。遠藤周作は「沈黙」を読んで(重かった・・・)以来、すっかり魅了されているので、同じ切支丹文学の「最後の殉教者」をセレクト、同文庫に挟まれていたのがこのしおり(しおりが挟まっていたから買ったともいえる)。
しおりの裏面は遠藤周作文庫の目録になっているが同文庫が全50巻であることに驚き!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント