「ピエール・ポナール展」割引券のしおり・その1

<N0.2018427~430>
「ピエール・ポナール展」割引券のしおり

画像
9月26日から12月17日まで六本木の国立新美術館で開催される「ピエール・ポナール展」割引引換券のしおり。
ピエール・ポナールは19世紀末のフランス・ナビ派の一員で、”浮世絵の影響が顕著な装飾的画面により、「日本かぶれのナビ」の異名”をとったそう。今回の美術展はオルセー美術館の豊富なコレクションを中心に130点超の作品が公開される。

入手したしおりは”その1”として4種類、ピエール・ポナールの作品<庭の女性たち>(1890-91年) 4点組装飾パネルをそれぞれしおりとしたもので、下部の”もぎり”の部分が
黄:8月23日、汐留・文教堂書店
緑:8月23日、汐留・リブロ
青:8月23日、上野・明正堂書店
赤:8月26日、青山・青山ブックセンター で入手した。
<庭の女性たち>は”屏風を思わせる縦長の構図や、平板な色面構成、遠近表現には、浮世絵からの影響”をうけているのだそう。なるほどねぇ。

そして”その1”が有るということは・・・?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント