「フェルメール展」のしおり

<N0.2018454>
10月23日、大手町・紀伊国屋書店で入手
「フェルメール展」のしおり

画像
この秋、最大注目の美術展「フェルメール展」の広告しおり・・・割引券ではないので要注意!
フェルメールの作品現存35点の内、なんと!日本初公開の「ワイングラス」「赤い帽子の娘」「取り持ち女」を含む9点が展示される。そうなると、フェルメールは日本人に大人気なので激混みが予想されるが、この美術展は日本では適用の少ない「日時指定入場制」、事前に日時指定の入場券(その日時に予定人数に達すると売り切れ仕舞い)を購入しなければならい。
入場するのに数時間も行列するよりは全然ましな措置なのだが、その入場料金もお高い、大人1人2500円!夫婦で見に行こうと思ったが、ちょっと気持ちが萎えた。ルビコンを前にしたシーザーと似たような気持ち・・・違うか。

「フェルメール展」@東京は10月5日から2月3日まで、上野の森美術館で開催。

しおりの表面は「牛乳を注ぐ女」、裏面は小学館のフェルメール関連書籍&雑誌(和楽)の広告になっている・・・パイパン版も存在したりなんかして(笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント