「東寺 空海と仏像曼荼羅」割引券のしおり

「レジ横しおり・春の文化祭」のトリは”しおり”としても国宝級!・・・文化祭を開催したのは今回のしおりが配布されたからといっても過言ではない。

<N0.2019053~056>
3月11日-12日、JR西船橋駅構内・BookExpressで入手
「東寺 空海と仏像曼荼羅」割引券のしおり

画像
以前に同展のしおりを紹介した際に”開催時期が近付いたら別種が配布されるかも?”と記したら、案の定別種が配布された。それも黒地に黄金色に輝く国宝級の仏像を配置した変形しおりが4種類も!
その4種類は、
・軍荼利明王立像(平安時代作)
・兜跋毘沙門天立像(中国・唐の時代作)
・持国天立像(平安時代作)
そして
・帝釈天騎象像(平安時代作)。

画像
国宝の「十二天像」他が東京に来るのだから、他にも種類があるのでは?と思いあちこちの書店を巡ったが、現時点で配布されてるのが確認できたのは今回の4種類のみ・・・元々配布している書店自体も少ない。
裏面は東寺絡み、「空海五大の響き」(永坂嘉光)という写真集の広告で小学館から4月10日頃発売、4種とも共通。小学館とのタイアップしおりもなかなか味なデザインをしてくれる。

「東寺 空海と仏像曼荼羅」は3月26日から6月2日まで上野の国立博物館で公開。

「レジ横しおり・春の文化祭」もこれで大団円・・・のはずだったが、4月開催の企画展のしおりが数種まだあるので近々再開予定。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント