「ソッカの美術解剖学ノート」のしおり・2題

<N0.2019083>
2月22日、八重洲・八重洲ブックセンターで入手
「ソッカの美術解剖学ノート」のしおり(人体解剖図版)

<N0.2019084>
3月8日、池袋・ジュンク堂書店で入手
「ソッカの美術解剖学ノート」のしおり

画像
理系専門のオーム社から出版された、絵画入門書といってもいい本=「ソッカの美術解剖学ノート」の変形しおり。
「ソッカの美術解剖学ノート」は”韓国の有名漫画家であるソク・ジョンヒョンが9年の歳月をかけて描き上げた美術解剖学の集大成ともいえる書籍”で”解剖学的な自然さに基づく人の動きをどう描くかについて頁を割いて、丁寧に解説”しているそう。

画像
入手したしおりは2種類で「人体解剖図版」と勝手に命名している方は、A面が女性、B面が男性の人体における筋肉構成を描いたもの、しおりとしては画期的なデザイン。
もう1種は「ソッカの美術解剖学ノート」の表紙画を変形しおり化、こちらもイイ感じになっている。
両しおりともオーム社105周年のロゴ入り。

本屋で本書をチラ見したが、たしかに人体を美術的に解剖して多彩なイラストで解説、これならば絵画や漫画を描くときに参考になる。また手元に置いて眺めるのも楽しいかもしれない。価格は6,700円とちと高いがそれなりの価値はあると思う。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント