「金の星社・100周年」のしおり

<N0.2019225>
5月23日、柏・熊沢書店で入手
「金の星社・100周年」のしおり

画像
絵本や児童書を中心に出版する金の星社の100周年アニバーサリーのしおり。
社名から勝手に戦後の出版社と想像していたが、100周年ということで調べてみると・・・
”1919年、斎藤佐次郎により『金の船社』創業。初代編集長に野口雨情を迎え、童謡・童話雑誌『金の船』を創業と同時に発刊する。同誌は1922年に『金の星』に誌名を改め、社名も翌年に『金の星社』に変更される”(ウィキペディアより)とある。凄!大正時代にこんなハイカラな名前の出版社を創立したんだ!そして初代編集長が野口雨情にふたたびビックリ。歴史的な出版社だったんだ!
しおりはその大正時代の雑誌「金の舟」と「金の星」に掲載されたイラスト・・・これだけでちょっとした美術展が開催できそう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント