古書店で見つけたしおりシリーズ・筑摩書房のラビリンス・その1

画像今月も集中して集めた筑摩書房のしおりはまさに迷宮。第1弾は「ちょっとのちがい、それが大きなちがい」シリーズ。

<N0.2013289~293>
ちくま文庫「ちょっとのちがい、それが大きなちがい」

画像左から
”アスリートのシルエット”
~裏面は「ちくま文庫今月の新刊」(「オートバイと初恋と」他)で1986年3月頃のもの。

”メルヘン調・傘の木”
~裏面は「ちくま文庫今月の新刊」(「笑いとユーモア」他)で1986年5月頃のもの。

”水木しげるの妖怪画”
~裏面は「ちくま文庫今月の新刊」(「ねずみ男の冒険」他)で1986年7月頃のもの。

”甲冑&梅&火山”
~裏面は「ちくま文庫今月の新刊」(「破局」他)で1987年3月頃のもの。

”アラブの武将”
~裏面は「話題の新刊」(「笑ってケツカッチン」他)で1988年4月頃のもの。

迷宮はつづく・・・

"古書店で見つけたしおりシリーズ・筑摩書房のラビリンス・その1" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント