テーマ:筑摩書房

古書店で見つけた「ちくま新書」のしおり

<N0.2018204> 3月15日、神田神保町・澤口書店で入手 「ちくま新書」のしおり 例によって「ちくま新書」のしおり。今回のお題は”演説するレーニン”といった感じ。 レーニンと言えば先日、中国がドイツにマルクスの銅像を寄贈したというニュースを見たが、マルクスが見たら独裁で都市労働者と農村労働者で差別が存在する国家が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちくま学芸文庫/ちくま新書/ちくま文庫のしおり

古書店で見つけたちくま学芸文庫/ちくま新書のしおりと、ちくま文庫新刊のしおりをまとめて紹介。 <N0.2018064> 1月20日、神田神保町・澤口書店で入手 ちくま学芸文庫のしおり 19世紀頃の学校の風景であろうか? 表面は「ちくま学芸文庫」だが、裏面は1998年8月の「ちくま新書」新刊の案内。 <N0.20180…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちくま文庫/学芸文庫のしおりと澤口書店の書皮

<N0.2017274~276> 5月15日、神田神保町・澤口書店で入手 ちくま文庫/学芸文庫のしおり 例によって不思議なイラストのちくま文庫/学芸文庫のしおり。 永遠の課題である、ちくま文庫のしおりの整理。分類ができていないので、もしかしたら重品かもしれない。 それはともかく、今回は書皮の話。 澤口で面白そうな新書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちくま文庫「とりつくしま」のしおり

<N0.2017125> 2月15日、新宿・紀伊国屋書店本店で入手 ちくま文庫「とりつくしま」のしおり 「とりつくしま」とは、亡くなった人の魂が、この世に戻ってきてとりつく「モノ」のこと。と裏面に記載がある。 作家で歌人の東直子が描く”すでに失われた人生が凝縮してフラッシュバックのように現れ、切なさと温かさと哀しみ、そして少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古書店で見つけた筑摩書房のしおり

神保町から歩いて小川町へ。今日の目的である澤口書店を訪れる。ここは雑学系の新書が充実しており、108円の新書を2冊、20%Offで17数円で購入。そしてレジ横のしおりを漁り・・・ <N0.2017091~092> 2月8日、神田小川町・澤口書店で入手 筑摩書房「ちくま文学の森」のしおり ちくま学芸文庫「存在と無」(ジャン=…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「月刊 佐藤純子」のしおり

<N0.2016575> 12月9日、神田神保町・三省堂書店本店で入手 「月刊 佐藤純子」のしおり ”注目のイラストレーター(元書店員)が、仙台の街や友人との日常を描く、一度読んだらクセになる、ゆるふわマンガエッセイ”だそうで、本しおりは文庫記念限定しおり。 発売はちくま文庫。ちくま文庫はお堅い本からマンガまでなんでもあり。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古書店で見つけた「ちくま文庫」のしおり2題

<N0.2016359> 8月28日、BookOff・沼南店で購入した本に挿入 「ちくま文庫、30歳。」のしおり 以前に買って置いてやっと読もうと本を広げたら見つけたしおり。心の奥底に”最近のちくま文庫のしおりは変化がない”と思っていたのが良くなかったよう、よく見ると30周年のアニバーサリーバージョン!いやはや油断は禁物である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古書店で見つけた「ちくま文庫」のしおり

<N0.2016028~032> 1月26日、神田神保町・某古書店で入手 「ちくま文庫」のしおり 例によって、テーマが不明なイラストのちくま文庫のしおりが5種類。 2~3種は重品かもしれないが、整理できない状態につき、ええぃ面倒と掲載してしまった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古書店で見つけた岩波ジュニア新書とちくま文庫のしおり

<N0.2015361~363> 7月10日、南砂町・田辺書店で入手 岩波ジュニア新書のしおり ・英語名言集No2 ・シェイクスピア名言集No12 ・”創刊30周年”バージョン 「英語名言集」以外に「シェイクスピア名言集」のシリーズがあるとは!奥が深いジュニア新書のしおり。 ”創刊30周年”バージョンはキャラクター「ジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古書店で見つけたしおりシリーズ・12月分

大瀧詠一の「Best Always」が手に入ったので早速聞きながらブログを更新、やっぱりいいわ・・・とハイテンションに!いくぞ、レジ横しおり捜索隊! <N0.2014590~593> 右から 12月8日、神田神保町の某古書店で入手 国立劇場35周年記念のしおり ・・・表面は「本朝廿四孝」、文楽ですかね?おそらく他の種類もあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古書店で見つけたしおりシリーズ・ちくま文庫と講談社新書のしおり

まずは迷宮・ちくま文庫のしおりから、 <N0.2013679~681> 画像左から 10月2日、某古書店で入手 「6.いのちのかたち」 新・ちくま文学の森シリーズのNo6、これで残りはNo15「絵のある世界」が入手できればコンプリート! 10月25日、某古書店で入手 「ちょっとのちがい、それが大きなちがい」 19…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古書店で見つけたしおりシリーズ・文庫新書のしおり

<N0.2013539~542> 画像左から 8月24日、荻窪・某古書店で入手 ”小さなうつわに大きな夢”ちくま文庫 ~ほとんど迷宮状態のちくま文庫のしおり、こちらは裏面に新刊書の案内(空飛ぶフランスパン他)があり1989年初夏ごろのものと判る。 8月3日、柏・某古書店で入手 中公新書「創刊1000点刊行記念」 ~新書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古書店で見つけたしおりシリーズ・筑摩書房のラビリンス・その2

しおりの迷宮、筑摩書房の第2弾は「小さなうつわに大きな夢」他。 <N0.2013295~299> 画像左から、 「小さなうつわに大きな夢」シリーズ ”竜が火を噴く抽象画” ~裏面は坂口安吾全集文庫版(第4回発売中)で1990年3月頃 ”オリエントの女性” ~裏面は”松谷みよ子全エッセイ”1巻が2月刊、2巻が3月刊、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古書店で見つけたしおりシリーズ・筑摩書房のラビリンス・その1

今月も集中して集めた筑摩書房のしおりはまさに迷宮。第1弾は「ちょっとのちがい、それが大きなちがい」シリーズ。 <N0.2013289~293> ちくま文庫「ちょっとのちがい、それが大きなちがい」 画像左から ”アスリートのシルエット” ~裏面は「ちくま文庫今月の新刊」(「オートバイと初恋と」他)で1986年3月頃のもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古書店で見つけたしおりシリーズ・筑摩書房/文庫のしおり

今月も行きます!筑摩書房/文庫のしおり、全8種類 <N0.2013202~209> 画像左から 3月13日、神田神保町・某古書店で入手 ・ちょっとのちがい、それが大きなちがい ~裏面の新刊案内は「四季の歌 恋の歌」他で1987年4月のもの ・ちょっとのちがい、それが大きなちがい ~裏面は「タクシードライバー日誌」他で1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古書店で見つけたしおりシリーズ・ちくま書房/文庫のしおり

最近、その奥深さに、はまってしまったちくま書房/文庫のしおりをまとめて11種紹介。 画像左から 2月26日、中野・某古書店で入手 虹の絵「ちくま哲学の森」 ~裏面は文庫版坂口安吾全集の刊行案内で1984年12月頃のもの。 2月26日、中野・某古書店で入手 唐松・ちくま文庫「50本の木」より ~裏面は「当世女」と「映…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古書店で見つけたしおりシリーズ・ちくま文庫を中心に

定番シリーズながら、1月はなぜか収穫が少なく4種類。 <N0.2013030~033> 画像右から 1月4日、柏・BookOff16号柏店で入手 ちくま文庫のしおり 私にはイラストが仁王立ちする羆に見えたが、良く見ると中世の人物画?のようだ。 1月4日、柏・BookOff16号柏店で入手 ちくま文庫/ちくま学芸文庫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古書店で見つけたしおりシリーズ・安野光雅と滝平二郎の作品3題

<N0.2012939~941> 画面右 12月13日、南砂町・田辺書店で入手 1977読書週間・四季の花シリーズ  「ねぎぼうず」滝平二郎 戦後日本の代表的な版画家・滝平二郎作品のしおり。 40年以上前のものだが汚れがなく美品! 画面中 12月1日、神田神保町・某古書店で入手 筑摩書房、裏面が「新・ちくま文学の森…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

筑摩書房/文庫のしおり

古書店で見つけたしおりシリーズ。 第4弾は筑摩書房のしおり <N0.2012786~788> 10月10日、神田神保町・いつもとは異なる某古書店 ちくま文庫 いつものように何ら脈絡のないイラストで、 今回はボクシング中。 ・・・とはいっても何故かノスタルジックなイラストである。 10月10日、神田神保町・某古書店…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古書店で見つけたしおりシリーズ・筑摩書房ほか

<N0.2012695~698> 画面左上から 9月7日、神田神保町某古書店で入手 ・ちくま学芸文庫 ・ちくま新書 ・筑摩書房・新刊のご案内 ~最近、はまっている筑摩書房のしおり。 いつものように味のあるデザイン。 9月1日、沼南・BookOffで入手 ・集英社文庫 ~季節は全く違うがきれいなお雛様のしおり。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古書店で見つけたしおりシリーズ・文庫&新書のしおり

第2弾は文庫と新書のしおりを中心に紹介。 <N0.2012626> 8月11日、 柏そごうの古書市で買った本に挟まれていた 岩波ジュニア新書のしおり ”私は庶民の味方だ-そういう人間なんだ。” ~どこかの国のインチキ代議士の言葉にも思えるが、 チャールズ・チャップリンの言葉だそうである。 <N0.2012627>…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古書店で見つけたしおりシリーズ 美人画と文庫・新書のしおり

今年はレジ横しおりが大豊作!在庫が沢山ありすぎて紹介が1カ月遅れになってしまう(おそらく前人未到の800種超も現実的になってきた)。 そこで神保町の古本祭りも始まったことだし、在庫調整のため10月に古書店で集めたしおりを3~4日で通常版と並行して紹介! <N0.2011652~654> まずは”美人画”、画面左から 竹久夢二…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

角川文庫とちくま文庫の旧作しおり

<N0.2011279~280> 5月1日、柏・BookOff16号柏店で入手 角川文庫旧作 ”語り継がれる一冊がある”角川文庫の名作100 ・・・写真は文豪達の記念写真・・・ ちくま文庫旧作 ・・・こちらは定番シリーズ。それなりに奥の深い世界・・・ やっと5月。 GW中のBookOffは凄かった! 16号…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ちくま文庫」のしおり

右<N0.2011037> 1月27日、神田神保町・某古書店で入手 「ちくま文庫」のしおり 集めだすと切りがないが、感じの良いイラストのちくま文庫/新書のしおり。 今回も新たに1種、江戸時代の浮世絵をモチーフにしているよう。 裏面は「筑摩書房の明治の本」 あまり書くことがないので昨年集めた、 ちくま文庫/新書のしお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちくま新書の旧作しおり

<しおりデータ:2010625> 11月14日、柏・大平古書店で入手 ちくま新書のしおり 家族で柏に買い物に。 どさくさにまぎれて久しぶりに地元の正統派古書店の大平古書店へ。 めっけものの本を買い、いつものようにしおりを入手。 今回は大収穫!まずは「ちくま」から。 見つかる時は見つかるもので、ここのところ「ちくま文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちくま文庫の旧作しおり2題

<しおりデータ:2010617,8> 11月4日、神田神保町の某古書店 11月6日、BookOff・16号柏店で入手 ちくま文庫の旧作しおり きしくもちくま文庫の旧作しおりを2種、それも絵柄はペンのものが2種入手できた。 いつもの通りシンプルなしおりだが良い感じに仕上がっている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ちくま文庫」のしおり

<しおりデータ:2010586> 10月6日、神田神保町・書泉グランデで入手 ちくま文庫のしおり:読書する女性 書泉のしおりを入手するため、本を物色。 何冊は候補はあったのだ、 「桂米朝コレクション-芸道百般」 が丁度在庫があった。 これを買えば全巻揃うし、はさまれている「しおり」を チェックするとこれも塩梅よく未入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BookOffで見つけた文庫&新書のしおり

<しおりデータ:2010511~5> 9月11日、柏・BookOff16号柏店で入手 画像左から ・角川文庫「ゴールは自分で決めていいんだ。」 夏の課題本「閃光」が有ったので購入したら中に挟んであった。 (本当はこのしおりのために買った?) 今年になりこちらにハッケン君のデザイン。 9月の新刊ではハッケン君メモ型のしお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちくま文庫&新書の旧作しおり

<しおりデータ:2010463,4> 8月12日、神田神保町・某古書店で入手 ちくま文庫の旧作しおり ペンのイラスト、裏面は「作家に捧げる一冊」 8月22日、BookOff沼南店で入手 ちくま新書の旧作しおり 虫とポットのイラスト、裏面は「筑摩書房の好評既刊より」で 紹介されているのはなぜか「ちくま文庫」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちくま文庫・猫のしおり

<しおりデータ:2010012> 1月15日、神田神保町・書泉グランデ ・ちくま文庫・猫のしおり 書泉のしおりを入手するため"買い留めておいた"文庫本に挟まれていたていたもの。 このしおり自体はもう数年前から確認されていたが、今更の入手。 で、買った本というのが「桂米朝コレクション6-事件発生-」。 数年前のNHK朝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more