テーマ:四季報

会社四季報のしおり・2019年春バージョン

<N0.2019097> 3月8日、八重洲・八重洲ブックセンターで入手 会社四季報のしおり・2019年春バージョン 毎年3の倍数月に配布される会社四季報のしおり。 さすがに「春」なので桜に富士という定番のイラストなんだけど、紹介するのは桜が散り始め若葉の季節になってしまった。 四季報のしおりも「昭和」、「平成」と配布さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会社四季報のしおり・冬バージョン

<N0.2018613> 12月5日、八重洲・八重洲ブックセンターで入手 会社四季報のしおり・冬バージョン お馴染み、会社四季報のしおり。 冬バージョンだがイラストはサンゴと泳ぐペンギン、そして雪の結晶の文様と、なんだが季節がめちゃめちゃな感じ。 でも、まぁ、なんといっても、四季毎にしおりを配布していただけるありがたい存在。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会社四季報のしおり・2018年秋バージョン

<N0.2018500> 9月15日、大手町・紀伊国屋書店で入手 会社四季報のしおり・2018年秋バージョン 今年、500種類目(このペースだと今年も600種超はいけそう!)は春夏秋冬の定番、会社四季報のしおり。 コスモス(おそらく)と青空に浮かぶ気球、まさに初秋といった感じ・・・しおりの紹介はすっかり秋も深まってしまった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会社四季報のしおり・2018年夏バージョン

<N0.2018344> 6月5日、八重洲・八重洲ブックセンターで入手 会社四季報のしおり・2018年夏バージョン 春(3月)、夏(6月)、秋(9月)、冬(12月)の定番、会社四季報のしおり・2018年夏バージョンの登場。 しおりのイラスト(=四季報の表紙)のデザイナーさんは、このころの方に代わった?春(3月)と比べて随分と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会社四季報のしおり・2018年春バージョン

<N0.2018187> 3月7日、有楽町・三省堂書店で入手 会社四季報のしおり・2018年春バージョン 青空と新緑が美しい5月なのに、今更ながらの四季報のしおり・春バージョンの登場。今回は青空と菜の花のイラストはいかにも”春”といった感じ・・・あぁ!来月には夏バージョンが配布されるよ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会社四季報のしおり・2018年冬バージョン

あけましておめでとうございます。 <N0.2017680> 12月8日、浜松町・文教堂書店で入手 会社四季報のしおり・2018年冬バージョン 新春第1号のしおりは正月らしく、朝日が昇る富士山、新しい一年に向けて心がすがすがしくなるイラスト。 良い一年でありますように。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「四季報・2017秋バージョン」のしおり

<N0.2017515> 9月12日、JR西船橋駅構内・BookExpressで入手 「四季報・2017秋バージョン」のしおり 冬、春、夏につづき秋バージョンが登場、もみじにトンボ、稲穂とまさに日本の秋!。 今年のイラストは素晴らしかった!来年も是非、このデザイナーさんで継続をお願いしたい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「四季報・2017夏バージョン」のしおり

<N0.2017309> 6月12日、JR西船橋駅構内・BookExpressで入手 「四季報・2017夏バージョン」のしおり お馴染み「四季報」のしおり。 海と灯台、ひまわりという夏の3点セット的なイラスト。 こんな夏に憧れてしまうが、今は鬱陶しい梅雨・・・というか、今夜はちょっと早い台風。そして梅雨が明けると焦熱地獄が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「会社四季報」のしおり・2017年春版

<N0.2017171> 3月8日、大手町・紀伊国屋書店で入手 「会社四季報」のしおり・2017年春版 桜が七分咲き、今日この頃。気象庁は満開と発表しているが、どうみても満開は一部のみ。なにか意図的なものがあるのか?・・・それは兎も角、丁度良い絵柄のしおりを紹介。 満開の桜と菜の花で春爛漫のデザイン。 やはり「四季報」の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「会社四季報」のしおり・2016年冬版

<N0.2016568> 12月9日、大手町・熊沢書店で入手 「会社四季報」のしおり・2016年冬版 デザイナー氏が替わったのか、嬉しいことに表面のデザインが一新し、椿と富士山と思われる山の図柄でいかにも冬という感じ。ここ数年のデザインがイマイチだったのでこれからの展開が楽しみになった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more