テーマ:ファンタジー

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」のしおり

<N0.2018542> 11月30日、池袋・ジュンク堂書店で入手 「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」のしおり レジ横しおり日照りが続く中(先日、大手町や渋谷の書店を廻ったが、全く新作しおりがなかった。トホホ・・・)、藁をも掴む気持ちで池袋へ。おぉ!ここのところダメダメだったジュンク堂にしおりが! おぉぉぉ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洋物「ハリーポッター」しおり2題

<N0.2018088~089> 1月29日、新宿・紀伊国屋書店で入手 「ハリーポッター」洋物しおり おなじみファンタジー小説「ハリーポッター」の洋物しおりを2種類入手。 1種目が、本編終了から19年後を描いた8番目の物語である「ハリー・ポッターと呪いの子: Harry Potter and the Cursed Child…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ハリー・ポッターと呪いの子」のしおり

<N0.2016544> 11月11日、葛西・東西書店で入手 「ハリー・ポッターと呪いの子」のしおり 11月11日に発売された「ハリー・ポッターと呪いの子」の販促用しおり。 事前予約で特製ステッカープレゼント&映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のプレゼントキャンペーンの告知つき。 本の発売日が、誤植なのか、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「雨ふる本屋」のしおり

<N0.2016204> 6月3日、渋谷・あおい書店で入手 「雨ふる本屋」のしおり  童心社 ”おつかいの帰り、ルウ子は、カタツムリにさそわれて“雨ふる本屋”へ。出迎えてくれたのは、摩訶不思議な本と、ドードー鳥の店主と助手の舞々子、そして妖精たち・・・”大人でも引き込まれそうなファンタジーの世界。 日向 理恵子 作/吉田 尚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「まおゆう魔王勇者」のしおり

<N0.2015577> 11月28日、海浜幕張イオン内・未来屋書店で入手 「まおゆう魔王勇者・メイド妹」のしおり もう1種類、未来屋書店のレジ横で見つけたのが今回のしおり。 遥か以前に入手した「着ボイスカード」と同一のシリーズの1種類。 「着ボイスカード」のサービスはアニメ化を記念して2012年12月15日から2013年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久々の「デルトラ・クエスト」のしおり

<N0.2015212> 4月21日、新宿・紀伊国屋書店本店で入手 「デルトラ・クエスト」のしおり  エレミー・ロッダ:作 岩崎書店 いやはや、もはや新作が配布されるなんて期待もしていなかった(実は存在を忘れかけていた・・・)「デルトラ・クエスト」のしおり。ちょっと調べてみたら、当ブログでの最後の紹介は2008年5月、7年後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アルスラーン戦記」のしおり

<N0.2015114~116> 3月14日、渋谷・あおい書店で入手 「アルスラーン戦記」のしおり ・アルスラーン ・ダリューン ・ナルサス 田中芳樹作のファンタジー小説、4月5日より毎週、日曜午後5時からTBS系にてアニメ放送を開始した「アルスラーン戦記」のしおり。主要登場人物3名のイラストで3種、TVアニメの宣伝用か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ハリーポッター文庫」のしおり

<N0.2015045~046> 1月23日、新宿・紀伊国屋書店本店で入手 「ハリーポッター文庫」のしおり 静山社 2012年7月に刊行された「ハリーポッター文庫」のしおりで当時は各巻に挿入されていたが、在庫調整?なのか、紀伊国屋書店のレジ横にあった。 以前に赤版と黒版(紺色に近い)を入手していたが、今回は緑と薄い青版の2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ログ・ホライズン」のしおり

<N0.2015026~028> 1月8日、某書店で入手 「ログ・ホライズン」のしおり 橙乃ままれ原作のファンタジー小説のしおりが3種類! 某書店のカドカワニコニコ祭の蔵出しBOXで見つけたものなので、何時頃に配布されたかは不明。 3種類入手できたが、おそらく5種類のシリーズもの。 半透明のプラスティック製、カッコイイし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「風とリュートの調べにのせて」のしおり

<N0.2014445> 10月10日、渋谷・あおい書店で入手 「風とリュートの調べにのせて」のしおり  作:桜ノ杜ぶんこ  一二三書房 ”少年が英雄となるまでの『王道ファンタジー』小説”だそう。 表面のイラストはファンタジーというよりライトノベルの”のり”、どうみても”少年”ではなく”美少女”だが・・・。 裏面は201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ハリーポッター文庫」のしおり

<N0.2014379> 8月16日、新宿・紀伊国屋書店で入手 「ハリーポッター文庫」のしおり 静山社 2012年に創刊された「ハリーポッター文庫」のしおり。当初は各巻に赤版と今回の黒版が挿入されており、その他に緑版やオレンジ版などが期待されたが、残念ながら現在確認されているのは赤版と黒版のみである。 USJのテーマパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「WARRIORS=ウォーリアーズ」のしおり

<N0.2014050> 1月18日、丸の内・丸善で入手 「WARRIORS」のしおり  エリン・ハンター作 小崎書店 絵柄から絵本と思っていたら、森に住む、野生の猫たちの生活を描いたファンタジー小説だそう、第1期として2003年から日本でも発売されている。 色彩も良いし、ネコ好きの方には”たまらない”デザインではないだろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「龍のすむ家」のしおり

なぜだか、この秋はレジ横しおりの供給が豊富で紹介が追いつかない。 そんな訳で今日、明日は豪華2本立て! <N0.2013719> 10月26日、柏・浅野書店で入手 「龍のすむ家」のしおり 翻訳もののファンタジー小説シリーズ。 作:クリス・ダレーシー、訳:三辺律子 イラスト:浅沼テイジ 竹書房 ストーリーの詳細はこち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「宇宙皇子」のしおり

<N0.2013580> 8月31日、柏・浅野書店で入手 「宇宙皇子」のしおり しおりのデザインは劇画タッチだが、1984年から1998年の間に発表された歴史伝奇ファンタジー(作:藤川桂介)。2013年から出版ワークス(発刊元は河出書房新社)で新版再刊される。こちらのしおりはその出版ワークスの広告しおり。イラストは若菜等。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ヒックどドラゴン-パーク島の冒険―」のしおり

<N0.2013260> 4月1日、神田神保町・三省堂書店本店で入手 「ヒックどドラゴン-パーク島の冒険―」のしおり ファンタジー小説の「ヒックとドラゴン」、2010年に映画版が公開されたが、今回はTVシリーズの広告しおり。3月24日からカートゥーンネットワークにて放送中! 裏面は原作本(小峰書店)・・・既刊9巻+外伝で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春のNHKしおり祭「ログホライズン」

なぜだか、この春にNHK絡みしおりが多数配布されたので5回(予定)に分けて”春のNHKしおり祭”として紹介! その1 <N0.2013223> 3月13日、神田神保町・書泉グランデで入手 「ログホライズン」 横置き 橙乃ままれ(まおゆう魔王勇者)原作のファンタジー小説。 おぉ!なんだかすごくカッコイイぞこのしおり。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

童心社「フェアリー・レルム」のしおり

<N0.2013148> 2月8日、新宿・紀伊国屋書店で入手 童心社「フェアリー・レルム」のしおり  作:エミリー・ロッダ 人間の女の子と妖精たちがくりひろげる全10巻のファンタジーだそう。 それにしても最近の児童書向け出版社のしおりはこちらも含めてクオリティーが高い! しおりとは関係…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「まおゆう魔王勇者」のしおり

<N0.2013018> 1月7日、西葛西・博文堂書店で入手 「まおゆう魔王勇者」のしおり 橙乃ままれによるファンタジー小説、過去にもしおりを何種か入手したが、今回のは今年1月から放送されるTVアニメの広告版。TOKYOMX、BSアニマックスで1月より放送中。 裏面は超大作映画風?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ヒックとドラゴン」のしおり

唐突に”青い鳥”シリーズ、第1弾。 <N0.2012734> 9月29日、柏市松葉町、Books青い鳥で入手 「ヒックとドラゴン-氷海の呪い」     小峰書店 なぜか”青い鳥”に絡むしおりを3連続で紹介! 第1弾は書店の”青い鳥”。 ほぼ地元と言ってよいだろう。 最近では珍しいチェーン店ではない独立系の書店。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新紀元文庫のしおり

<N0.2012661> 8月23日、高田馬場・芳林堂書店で入手 新紀元文庫のしおり イラストは丹野忍「蒼穹のキズナ」 新紀元文庫「幻想世界の住人たち」装画より 昔、神田錦町の裏に本社(現在の本社は新宿御苑前)があったファンタジーなどの出版物を発行している新紀元社までもが文庫を出している!という驚きのしおり。 カード…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ハリーポッター文庫」のしおり

<N0.2012535> 7月13日、新宿・紀伊国屋書店本店で入手 ハリーポッター文庫  静山社 7月から刊行が始まったハリーポッター文庫。 こちらのしおり、7月刊行分の各巻に挟まっており、欲しいとは思っていたが 読まない本を買ってもしょうがないと、諦めていたもの。 うまい具合に紀伊国屋のレジ横で配布され入手でき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「まおゆう魔王勇者」のしおり3種?

まずは、 <N0.2012515> 7月4日、柏・浅野書店で入手 「まおゆう魔王勇者」のしおり  作:橙乃ままれ エンターブレイン まったくノーマルなしおりで、裏面はTVアニメ化の告知。 過去にはこんなしおりもあった。 そして、 <N0.2012516~517> 7月9日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日本幻影文学集成」のしおり

<N0.2012493~499> 6月30日、神田神保町・某古書店で入手 「日本幻影文学集成」のしおり7種   国書刊行会 森鴎外、夏目漱石から始まり三島由紀夫、 渋澤龍彦まで、日本の幻影文学を集めた 全33巻+別巻の全集に入っていたしおり。 発行は1991年~1995年らしい。 しおり裏面には各巻の作家名と既刊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「魔術士オーフェンはぐれ旅」のしおり

<N0.2011827> 12月15日、柏・新星堂書店で入手 「魔術士オーフェンはぐれ旅」のしおり  秋田禎信/著 草河遊也/イラスト TOブックス 両A面のしおり。 マンガ?と思っていたが調べてみたらファンタジー系のライトノベル。 2011年に新シリーズが発売されだしたので、その販促用と思われる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「スタート・アゲイン」のしおり

<N0.2011805~808> 12月5日、銀座・教文館書店で入手 「スタート・アゲイン」のしおり・全4種  石川ヨナ/いのちのことば社 教文館の3階で入手したので宗教色の強いものかと思いきやファンタジー小説の広告しおり。 ・・・ラフィア(主人公?)が古道具屋で見つけたネックレスには太古の「悪魔」ヴァルーガをよみがえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古本屋で見つけたしおりシリーズ・ディズニーのしおり

<N0.2011397,398> 画面左 6月25日、柏・BookOff16号柏店で入手 ディズニーフェアリーズ 講談社 画面右 7月4日、神田神保町・某古書店で入手 ポジフィルム風しおり リード21 第一生命 スタジオ・ジブリ繋がり、という訳でもないが、なぜかディズニー関連のしおりが続けて入手できた。 とは言っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビースト★レスキューのしおり

<しおりデータ:2010753> 12月24日、神田神保町・BookHouseで入手 ビースト★レスキュー 金の星社 第4巻は「幻のジャングル・ビースト」。 前回、前々回と同様にキラキラ、特に化け物カエル? 目が不気味に光っている。 第2巻のしおりが手に入れられなかったのは心残り。 過去のビースト・レスキューの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビースト★レスキューのしおり

<しおりデータ:2010476> 8月25日、柏・浅野書店で入手 ビースト★レスキュー 金の星社 キンキンキラキラのしおり。 第③巻は「禁断のビースト狩り」。 前回のしおりはこちら↓ http://tsukubasonbou.at.webry.info/201004/article_18.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビースト★レスキューのしおり

<しおりデータ:2010168> 4月8日、柏・新星堂書店で入手 ビースト★レスキュー 金の星社 マンガ本と思いきやファンタジー系の児童書のよう。 しおりがきらきらしている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」映画&原作本のしおり

<しおりデータ:2010082> 2月9日、船橋・熊沢書店で入手 「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」映画&原作本のしおり 帰宅時に首都圏のJRで最弱の武蔵野線が西船橋にでたらまた運休していた。 ということは・・・まだ8:00まで30分ほどあるし 振替キップを入手して急遽、船橋での書店チェックが決定! とは言う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more