テーマ:文庫・新書

中古書店で見つけた「幻冬舎文庫」のしおり

<N0.2019224> 5月17日、新宿・BOOKOFF新宿東口店で入手 「幻冬舎文庫」のしおり 元阪神の新庄 剛志選手(最近、めっきりTVで見かけない・・・)が横たわるのは幻冬舎文庫のしおり。 裏面は新庄 剛志選手の立ち姿で、Star Court Toyosuとある。調べてみると豊洲のマンション・スターコート豊洲の分譲広…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「東京創元社文庫創刊60周年」のしおり

<N0.2019149~152> 3月27日、JR西船橋駅構内・BookExpressで入手 「東京創元社文庫創刊60周年」のしおり 2019年上期レジ横しおりGOOD!デザイン賞(今つくった!)入選確実なデザインのトランプ柄は「東京創元社文庫創刊60周年」のしおり。 入手できたのはハート、スペード、ダイア、クローバの4種類…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古書店で見つけた「PHP文庫」のしおり

<N0.2019139> 3月16日、渋谷・渋谷古書センターで入手 「PHP文庫」のしおり BookOffの100均棚でお馴染み(良くチェックすると稀に良い本が見つかる・・・)、PHP文庫のオリジナルしおりでおそらく文庫に挟まれていたもの。 表面は円盤?球体、帽子?を幾何学的に描いたイラスト、裏面は白紙になっている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ルージュ/ノワール」のしおり

<N0.2018570> 11月7日、JR西船橋駅構内・BookExpressで入手 「ルージュ/ノワール」のしおり 表題のみを見ると「ルージュ/ノワール」で昭和調な喫茶店(カフェではない)の店名を思い浮かべてしまうが、実際は光文社文庫・中公文庫から発行された誉田哲也の警察小説「ルージュ」と「ノワール」の広告しおり。 「ルー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古書店で見つけた「ベスト新書」のしおり

<N0.2018519> 10月3日、神田神保町・三省堂古書館で入手 「ベスト新書」のしおり 神保町でしおりを漁る時は、駿河台側から行くと三省堂→裏口からすずらん通りに出て→東京堂→書泉グランデというのが不動の順番(神保町交差点からだとその逆)。で、三省堂書店でどうしても立ち寄ってしまうのが4階にある三省堂古書館。ここは整然と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「司法協会新書」のしおり

<N0.2018424> 7月30日、八重洲・八重洲ブックセンターで入手 司法協会新書のしおり なぜか、八重洲ブックセンターでしか入手できない司法協会新書のしおりはこれで3種類目。 今回はラインナップから「続・検事よもやまばなし」の紹介、ラインナップもしおりも地味に増やしていってほしい。 前回の司法協会新書のしおりはこちら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「春陽堂書店/江戸川乱歩文庫」のしおり・続報

<N0.2018402> 7月7日、神田神保町・三省堂書店本店で入手 「春陽堂書店/江戸川乱歩文庫」のしおり 5月に同じシリーズのしおりを入手し2カ月が経過後、3種類目を入手することができた。 今回入手した時は、前の2種類と合わせ3種類配布されていたので、おそらくこのシリーズは全3種! 図柄は怪しげなピエロだろうか、いかに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中古書店で見つけた「サイエンス・アイ新書」のしおり

<N0.2018338> 5月25日、渋谷・BookOffで入手 「サイエンス・アイ新書」のしおり ソフトバンク クリエイティブ社から発行されている「サイエンス・アイ新書」は科学などの世界を新書&図鑑形式で解説しているので入門書として重宝している(講談社のブルーバックスは更にディープな解説本)。 渋谷のBookOffに行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「講談社ブルーバックス」のしおり

<N0.2018321> 5月16日、南柏・BookOffで入手 「講談社ブルーバックス」のしおり ひさしぶりに南柏のBookOffを訪れると、結構、良い品揃え!だめだな、都心のOffだけではなく近所のOffも定期的にチェックしないと探している本を取りこぼしてしまう。と、反省しつつ買った本に挟まっていたのが今回のしおり、ブルー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「春陽堂書店/江戸川乱歩文庫」のしおり

<N0.2018294~295> 5月3日、JR上野駅構内・BookExpress 5月9日、丸の内・ふたば書店 で入手 「春陽堂書店/江戸川乱歩文庫」のしおり 春陽堂書店というと、今から数十年前に春陽文庫というレーベルでそれなりの数の文庫本が書店の棚を埋めていたことを思い出す。今回このしおりを入手して、まだ存続していたのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

司法協会新書のしおり

1年半振り、司法協会新書のしおりが再登場。 <N0.2018275> 4月20日、八重洲・八重洲ブックセンターで入手 司法協会新書のしおり 一般財団法人の司法協会が発行する司法協会新書のしおりで、表面が司法協会新書、裏面は「父が遺した「シベリア日記」-35年目の帰還」という1945年から47年までのシベリア抑留体験記、重…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中古書店で見つけたアニメ―ジュ文庫のしおり

<N0.2018242> 4月9日、行徳・BookOffで入手 アニメ―ジュ文庫”JuJu”のしおり 毎年、春と秋に参加している一箱古本市「本まっち柏」で、出すと必ず売れる本がアニメ―ジュ文庫の「シェナの旅」と「あれから4年・・・クラリス回想」(ちなみに文春文庫の”ジブリの教科書”は全くダメダメ、テキストが多いからだろうか?)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古書店で見つけた「遠藤周作文庫」のしおり

<N0.2018205> 3月15日、神田神保町・小宮山書店で入手 「遠藤周作文庫」のしおり 神保町でついつい覗いてしまうのが小宮山書店の100均ワゴン。今回は昭和50年代頃に配刊された「遠藤周作文庫」がそれなりの数、出ていた。遠藤周作は「沈黙」を読んで(重かった・・・)以来、すっかり魅了されているので、同じ切支丹文学の「最後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古書店で見つけた徳間文庫のしおり

<N0.2018145> 2月27日、神田神保町・小宮山書店で入手 徳間文庫のしおり 書泉グランデの出入口の前にパックリと待ち受けているのが小宮山書店の100均ワゴン。このワゴンは時々、(自分にとっては)掘り出し物の文庫・新書が出ているので見逃せない。そして、ついつい100円(税込!)なので面白そうな本を買い散財してしまう。こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オパール文庫/ティアラ文庫のしおり

<N0.2018096> 2月6日、新宿・福屋書店で入手 オパール文庫/ティアラ文庫のしおり プランタン出版が配布する両A面のアニバーサリー文庫しおり。片やオパール文庫で創刊3周年、片やティアラ文庫で創刊8周年。 両文庫とも「ジョシロマ系」新・恋愛小説でちょっとHな方面らしい。 しおりを飾る作品も、 オパール文庫:眼鏡上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文芸社文庫NEO1周年のしおり

<N0.2018083> 1月25日、川崎・あおい書店で入手 文芸社文庫NEO1周年のしおり 文芸社文庫NEO1周年を記念して開催されるプレゼントキャンペーンの告知しおり。 感想をツイートし応募すると文芸社文庫NEOの本がプレゼントされるそう(なんと5名に文庫コンプリートセットなんだそう。岩波文庫だったら凄いことになっていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「スターツ出版文庫」のしおり

<N0.2018078> 1月25日、武蔵小杉・中原ブックセンターで入手 「スターツ出版文庫」のしおり ちょっと今風のイラストと気になるセリフ「俺が夏海の、生きる理由になるよ」。 裏面を見ると、スターツ出版文庫のラインナップ「僕は何度でも、きみに初めての恋をする。」(作:沖田円)の広告になっている。都内書店では見かけないしお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古書店で見つけた「学研M文庫」のしおり

<N0.2017702> 12月5日、神田神保町・三茶書房で入手 「学研M文庫」のしおり 勤務地が11月から神田になり昼休みは毎日のように神保町をうろうろ。 毎日通っても日々古書店の棚に変化があって楽しい。 この日も珍しく三茶書房で100均ワゴンが出ていた(通常であれば300均と500均ワゴンのみ)のでチェックをして買って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【超大作】ブルーバックスのしおり

<N0.2017633~653> 11月17日~30日にかけて池袋の三省堂、池袋と渋谷のジュンク堂、八重洲の八重洲ブックセンター、そして神田神保町の書泉グランデで入手 ブルーバックスのしおり 講談社が発行する自然科学系の新書シリーズ「ブルーバックス」のしおり。 11月に各書店を漁って入手できたのはなんと21種類(表面のパター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自宅で発掘されたアニバーサリー的な文庫本のしおり

4月23日に開催される「本まっち柏」の出店に向けて、自宅で本を整理していたら、(あってはならないことだが)今更ながらアニバーサリー的な文庫本のしおりが2点発掘された。今回はそのしおりの紹介。 <N0.2017197> 文藝春秋90周年のしおり 「文春ジブリ文庫」の1冊である「ジブリの教科書・天空の城ラピュタ」(本まっち柏で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「メディアワークス文庫」のしおり2題

<N0.2017135~136> 2月23日、JR西船橋駅構内・BookExpressで入手 「メディアワーク文庫」のしおり2題 KADOKAWAが発行する「メディアワーク文庫」のしおりを2種紹介。 紹介するしおりは第23回電撃小説大賞の受賞作品で、 「君は月夜に光り輝く」 佐藤徹夜/作 【大賞】受賞作 「キネマ探偵カレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「インターナショナル新書」のしおり

<N0.2017016> 1月13日、新宿・Book1Stで入手 「インターナショナル新書」のしおり 集英社インターナショナルから1月より新たに創刊される「インターナショナル新書」の創刊告知しおり。 赤地に”インターナショナル”ときたので、てっきり共産党系(なにせ昭和世代につき・・・)の新書かと思ったら、”インターナショナル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「文芸社文庫NEO創刊」のしおり

<N0.2017013> 1月11日、行徳・山下書店で入手 「文芸社文庫NEO創刊」のしおり 2017年1月に創刊される文芸社文庫NEOの広告しおり。 両A面で水玉模様の淡いデザイン、片面は水玉がリバースになっている。 黄色のバージョンがあるみたいだが、都内の主要書店では見かけない。 文芸社文庫NEOは毎月15日に発売。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「神様の御用人」のしおり

<N0.2016567> 12月7日、新宿・紀伊国屋書店本店で入手 「神様の御用人」のしおり   浅葉なつ:著 メディアワークス文庫 ”ある日、フリーターの良彦は不思議な老人から一冊の本を託され、狐神の黄金とともに八百万の神々のもとを訪れて御用を聞くはめになってしまった・・・”というファンタジーと言ったらいいのだろうか?小説…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

司法協会新書のしおり

<N0.2016458> 10月26日、八重洲・八重洲ブックセンターで入手 司法協会新書のしおり 一般財団法人の司法協会が発行する司法協会新書のしおりで、表面が司法協会新書、裏面は同新書のラインナップである「おまえがガンバれよ ―モンゴル最高裁での法整備支援2045日―」が紹介されている。 一般人にとって非常にマイナーな新書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「交通新聞社新書」のしおり

<N0.2016177> 5月19日、BookOff・中葛西店で入手 「交通新聞社新書」のしおり 交通新聞社新書のしおりが続くが、前作はレジ横配布用で今回のは新書挿入用。 Offで本を漁っていたら新書の108円棚で交通新聞社新書の「昭和の鉄道」を見つけ、面白そうだったので購入(交通新聞社新書のこの手の本はなかなか108円に値…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「NOVEL ZERO」のしおり

<N0.2016172> 5月12日、池袋・芳林堂書店で入手 「NOVEL ZERO」のしおり ”NEWS ZERO”は日テレ系、”NOVEL ZERO”はKADOKAWAが創設したエンタメ系の文庫新レーベル。 ”大人になった、男たちへ”ということで2015年12月から毎月15日に発売。 書泉の系列書店となった芳林堂書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「交通新聞社新書」のしおり

<N0.2016170> 5月5日、アリオ柏・紀伊国屋書店で入手 「交通新聞社新書」のしおり 最近、交通新聞社が発行する「JR時刻表」や「散歩の達人」のしおりを入手したばかりだが、今回は同社が発行する「交通新聞社新書」のしおりを入手できた。 「交通新聞社新書」は交通関連(特に鉄道)ネタをに特化した新書シリーズ。駅蕎麦の本もラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中古書店でみつけた新書&文庫のしおり

<N0.2016083~084> 2月28日、柏・BookOff柏店で入手 ・祥伝社文庫30周年 ・ワニブックス[PLUS]新書 最近、とある理由でちょくちょくと中古書店で本を漁っている。 この日もまた柏のBookOffへ。 この店はレジ横に中古のしおりを置いてあるのでコレクターにとっては重宝なお店。 今回も新書と文庫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古書店で見つけた「白水ブックス」と「中公新書」のしおり

<N0.2015614~616> 12月18日、神田小川町・澤口書店で入手 白水ブックス・シェイクスピア全集のしおり 白水社が1983年頃に出版した「白水ブックス・シェイクスピア全集」(全37巻で現在の定価が30,670円+税・・・一瞬高い!と思ったが1冊当たりは1000円未満になるのでお得感あり)のしおり。 入手できたのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more