古書店で見つけた文庫&新書のしおり

画像<N0.2015231>
4月26日、柏・大平書林で入手
文春文庫40Th”Hello Kitty”バージョン

あれれ、文春文庫の40周年って2014年、最近のしおりではないか!
調べてみたら昨年12月に別バージョンを入手している。
”Hello Kitty”バージョンがあるのは知らなかった!相変わらず詰めが甘い。
裏面はいつものイラスト。











画像<N0.2015232>
5月13日、BookOff・津田沼店で入手
角川文庫創刊40周年記念特別企画
「リバイバルコレクション」のしおり

40周年ネタが続くが、角川文庫の創刊は1949年なので1989年頃のもの・・・
裏面のリバイバル作品を見ると、「ランボウの手紙」「ロシア革命史」「さまよえる湖」・・・古典的名作がキラ星のようにならぶ。こんな時代もあったんだ。


画像<N0.2015233>
4月26日、柏・大平書林で入手
ちくま文庫のしおり

例のシュールなイラストシリーズの1作。裏面は近刊本の紹介ではなく”筑摩書房のホームページがリニューアル”。













画像<N0.2015234>
5月12日、西葛西イオン内・未来屋書店で入手
交通新聞社新書のしおり

数ある新書レーベルのなかで、とことん鉄道ネタに特化した鉄オタ専門の交通新聞社新書のしおり。
鉄オタではないが、駅蕎麦関連で面白そうな中古本が半額の20%OFFだったので購入。このしおりが挿入されていた。
デザイン的には新書しおりにありがちな色気に欠ける感じのもの。










画像<N0.2015235>
4月29日、渋谷・渋谷古書センターで入手
マドンナメイト文庫のしおり

こちらは”お色気”がありすぎ。
二見書房の官能小説レーベル、マドンナメイト文庫のしおり。
バニー姿のお姉さんにそそられるが(でも、髪型と化粧はバブル全盛で、今から見るとダサー)、裏面のラインナップ紹介は「愛奴淫縛」、「清純学園○○○授業」・・・おじさんでは”ひいて”しまう題名。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント