古書店で見つけた書泉他、書店オリジナルしおり

画像<N0.2015356>
7月10日、南砂町・たなべ書店本店で入手
書泉旧作・アヒルのしおり

久しぶりに荒川を渡って(葛西橋を歩いたら渡るのに7分掛った)南砂の名店・田辺書店へ(前回訪れたのは14年3月なので1年4カ月ぶり)。
本店に入ってレジ横でいきなり見つけたのがこのしおり。おそらくグランデとブックマート2店舗時代のもの。くちばしからチューリップはシュールすぎるイラストだが、今となっては貴重品。

他にも何種類か書泉のしおりがあったが、全て5店舗時代以降の入手済みのものばかりだった。







画像<N0.2015357>
7月18日、柏・大平書林で入手
書泉旧作・円系食材シリーズ

柏の文化遺産と言ってもいいだろう(ちょっと褒めすぎか?)、大平書林で入手したもの。
5店舗時代の初期に配布された円系で食材のイラストを描いたシリーズ。
既に7種入手済み。これで8種類目、おそらくコンプリート!









画像<N0.2015358>
7月18日、柏・大平書林で入手
書泉30周年記念のしおり
「キリンの親子」左辺

昭和55年頃に書泉30周年記念として配布された2枚組の左辺(ブックマートに当たる部分。
既に右辺(グランデ)完全版は入手済みで、新規としてカウントするかどうか迷ったが、まぁ、そのあたりは厳格に運用していないので掲載した。









画像<N0.2015359>
7月10日、南砂町・たなべ書店駅前店で入手
「BOOK PORT」オリジナルしおり

横浜市の鶴見を中心に神奈川県内で店舗展開する書店(1987年開店)のオリジナルしおり。
おそらく現在はオリジナルしおりは配布していないだろう。
「PORT」は横浜=港を、しおりにある「203」はツルミを意味しているそう。
それなりに貴重な書店のオリジナルしおり。











画像<N0.2015360>
7月10日、南砂町・たなべ書店駅前店で入手
「ブックセンター滝山」オリジナルしおり

週刊誌やNHKテキストの発売日と書店グループ店舗一覧が記載されている、ちょっとデザイン的には”イケていない”書店のしおり。
調べてみると、東京都西部地域を中心に、現在も営業中の書店のよう。

・・・この日は岩渕書店オリジナル”花ことば”シリーズも入手して、舞い上がったが、自宅で調べたら重品だった・・・




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント