「社会学はどこから来てどこへ行くのか」のしおり

<N0.2018568>
11月2日、八重洲・八重洲ブックセンターで入手
「社会学はどこから来てどこへ行くのか」のしおり

画像
”地道な社会調査の労苦と豊穣さ、学史・理論研究の凄み、そして研究者から見た現代社会の問題点とその理解経路について、侃々諤々の議論をそのまま一冊に収録した数年間におよぶ白熱の対話記録・・・”
ウワ―!しおりの表面のイラストは柔らかそうに見えるが、やはり内容は難しそうな本(有斐閣)の広告しおり。
画像
裏面を見ると・・・これも難しそう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント